回転成型特注品

製品化までの流れ    

 1.構想
      ご要望事項の確認
 2.計画・設計
      スケジュール・製品仕様の打合せ
 3.製品図面作成
      製品仕様決定
 4.発注
      金型作成
 5.試作成型
      試作製品の最終後確認
 6.製品完成
 お気軽にご相談下さいませ。 

回転成型とは

回転成型とは、粉末状熱可塑性樹脂を用いて中空品を得る成型法です。

①原料投入    ②加熱成型    ③冷却      ④脱形     
金型の中に粉砕した
樹脂原料を投入する。
金型を2軸回転させ、
外面より加熱し成型。
回転を続けながら冷却、
樹脂を硬化させる。
金型を開き成型品を
取り出します。
金型内部に圧力をかける事なく成型が可能なので成型品に残留歪がほとんど発生しない。
      
製品の強度が増し、ストレスクラッキングが発生しにくい。=丈夫で長持ち

回転成型設備

製品に合わせた2種類の成型設備
多軸回転方式(炉式)
・加熱時の複雑な温度制御が可能で寸法精度に優れる。
・複雑形状製品の製造にも対応可能。
・Wウォール製品の製造が可能。
ロックンロール方式(直火式)
・多層成型が可能で、発泡層の組み込みにも対応。
・大型容器の製造が可能。
・単純形状製品の製造に適しています。

回転成型の大きなメリット

  • 大型製品、中空製品、複雑形状に対応が可能で製品設計の自由度が高い。
  • 多品種少量生産が可能で開発試作にも適しています。
  • インジェクション成型やブロー成型用の金型に比べると金型費が安価。
  • 当社独自の発泡ウレタン高圧注入技術により断熱・緩衝容器の製造が可能
  • 同一金型で製品肉厚の変更に対応可能で、原料着色による色変更も容易。
  • 多層成型が可能で、発泡層の組み込み等にも対応。
  • コーナー部分が肉厚に成型される為、強度的に優れている。
  • インサート成型や製品表面のシボ加工にも対応。
  

インサートナット